FC2ブログ


9月の終わり頃、
快速「土木遺産9702m」号、
快速「土木遺産13490m」号が走りました。

随分長い列車名ですね。
何でも「JR上越線清水トンネル関連施設群」を
楽しめる列車、ということらしいです。

往路が快速土木遺産9702m号水上行き
復路は快速土木遺産13490m号新潟行きと、
往復で列車名が変わります。

充当されたのは、新潟の115系です。

この115系は「懐かしの新潟色」ということで
近年この色に塗られたものです。
昔の115系に施されていた塗装ではなく、
かつての新潟地区の80系の色だそうです。

さて、そんな懐かしの新潟色が
上越国境を越えてはるばるやって来たので、
撮影に向かいました。

上越線の越後中里~土樽間と土合~湯檜曽間は、
いずれも上り線がループ線になっています。

昭和6年の開業時は、
全長9702mの清水トンネルを挟み、
越後中里~湯檜曽間に「松川ループ線」、
土合~湯檜曽間に「湯檜曽ループ線」と
2つのループ線を設けて国境越えを行いました。

なので、往路の列車名が9702mなんですね。

ちなみに下り線は、
上越線の複線化が行なわれた際、土樽~水上間には全長13490mの新清水トンネルが掘削され、直線的に国境を越えることが可能となりました。
越後中里~土樽間は、上りの松川ループ線を迂回する形でΩループの新松川トンネルがつくられています。

なので、復路の列車名は13490mなんですね。

さて、せっかくなのでループ線で撮影をと思い、
湯檜曽ループ線を俯瞰しようと周囲にある山へアプローチしてみました。

トンネルから顔を出した115系。
山々は霧に包まれて、幻想的な雰囲気でした。



2018年9月 上越線


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

タグ : 俯瞰 115系



かつて、瀬戸瀬~遠軽の駅間には
新栄野駅という駅があったそうです。
2006年に廃止されています。

昨年、旧新栄野駅を見下ろす撮影地
通称 新栄野俯瞰へ行きました。

当時、北海道へ行った本来の目的は、
夕張支線、札沼線、根室本線などの
紅葉とローカル線を撮影するためでした。

しかし、例年よりも早く色づいた紅葉は
瞬く間に散ってしまいました。

前もって飛行機を取って行ったものですから、
アタリが外れたと残念に思っておりました。

しかし北海道滞在中、急に冷え込みまして
石北本線のあたりは積雪の予報まで出ました。

この年は広葉樹の紅葉が早かったので、
もしかしたら、カラマツが色づくのも
例年より早いのではと、予感がざわつきます。

今から石北本線に行けば、
紅葉に積雪という最高の条件で朝の貨物列車を
撮れるのではないかと、憶測が飛び交います。

意を決して、遠軽方面へ向かいました。

夜が明け、予想は的中していました。

しかし、晴れて雪原の絶景が広がる中、
我々は路頭に迷うことになります。

DD51が走らなくなり
とうに撮影者も激減したこの地に
新雪がたくさん積もっているのです。

そう、アプローチできる道が無いのです。

太陽と線路の方向を頼りに、勘で直登しました。

雪のおかげで
直登が容易にできるようになっていました。

朝の貨物列車には間に合いそうだと、
意気込んでひたすら登ります。

木々の合間に、僅かなヌケをみつけました。
撮影者が殆ど居なくなった今、
山の上から列車を撮れる場所は激減している模様です。

紅葉美しい秋の景色を、雪が更に彩ります。




2017年10月 石北本線


テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

タグ : 俯瞰



かつての根室本線には、
現在の東鹿越駅と金山駅の間に
鹿越駅というのがありました。

金山ダムの建設に伴い
線路のルートを変更した際、
鹿越駅は信号場兼仮乗降場となったそうです。

しかし、付近には住居は無く樹海と湖があるのみ。

仮乗降場として成り立っていたのか
甚だ疑問ではありますが...
こちらについては諸説あるようです。

そんな鹿越信号場ですが、
30年以上も前に既に廃止されています。

信号場の名残でしょうか、
線路の周りだけ多少拓けているようです。

かなやま湖の対岸から列車を狙います。

夕日を浴びたキハ40系が顔を出しました。
影の抜けるほんの一瞬を狙ってシャッターを切ります。

紅葉真っ盛りの山々とキハ40系。

この区間は廃止が検討されているようです。
この美しい景色も、あと何年見られるでしょうか。




2018年10月 根室本線



テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

タグ : キハ40 俯瞰 根室本線



5年ほど前、四国の秘境・坪尻駅を
俯瞰するところへ行きました。

記録を見返していましたら、
3年前にも訪れているようです。

ここは、山間でのスイッチバックや
列車の交換が見られるので、
個人的にとても好きな場所です。

これは、RXPのフィルムをスキャンしたものです。

ISO400のリバーサルフィルムというのは
便利でかなり重宝していましたが、
これももう廃盤となってしまいました。



2013年9月 土讃線


テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

タグ : 俯瞰



トワイライトエクスプレスを
紅葉美しい北陸本線で写そうと
有名な鳩原ループ俯瞰へ訪れました。

北陸本線の上り線は、
敦賀から新疋田に向かって勾配がきつい為、
このようなループ線になっています。

元々は、現在の下り線の線路のみで
単線での運行だったらしいのですが、
このループ線の開通によって、複線化となったようです。

しかし、それももう半世紀ほど前の話で
私には知る由もありませんでしたが...

この、一見すると単線にも見えてしまう
ループ線とやらを是非とも一度写してみたいと
意気揚々と訪れたのでした。

本当は、大好きな寝台特急日本海を
撮りたかった場所でもありますが、後の祭りです。

さて本番。
何をしくじったか、とても中途半端な
切り位置になってしまいました。

ついでに千切れ雲にも襲撃され、
せっかくの紅葉に影落ちという始末。

悲しいことに、
ここでトワイライトエクスプレスを撮るのは
最初で最後となってしまいました。

今思えば、これはこれで
良い記録となりました。




2016年11月 北陸本線


関連記事

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

タグ : 俯瞰

powered by